2007年09月09日

9月の展示のご案内

.bmp



9月7日(金)から始まった大野千矢子さんと油絵屋大哲こと大野哲也さんの詩画展。地元の方は知らない方もいないであろうあの有名な‘芋伝説’さんの奥様、千矢子さんの詩に、芋伝説さんご主人の、画家であるお兄様、油絵屋大哲さんが絵を描かれ、セットというかたちの展示ですアート
当店でも、詩と絵画のコラボは初めてですが、訪れる方々が、詩を読み、その絵を眺め、それぞれに感ずるものがあるかと思います。是非訪れてみてくださいひらめき。。。9月30日(日)まで。
posted by チー at 01:23| 福岡 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 作品展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大哲さんの絵から伝わってくるセンスから、すごくやさしい方だと想像しました。GOODでオシャレでした!
Posted by hiro at 2007年09月09日 06:30
前略
センガクさん。千秋ちゃん。
この度も、御世話になります。
なおかつ、センガク(千秋)さんの益々の御発展を祈念申し上げます!!
                草々
PS 観て頂く方には、チャコの内に秘めた人間性・エネルギーを感じて下されば幸いです。・・・大哲の方も・・・。

Posted by 油絵屋大哲 at 2007年09月09日 16:15
れんがの壁は ソリスト達のオーケストラ
一つ一つの個性が醸し出すハーモニー
周りが暖かくなる
だから お固い「煉瓦」でなく 冷たい「レンガ」でもなく まろやかに《れんが》
…毎日が休みの男
Posted by ほそかわあきのり at 2007年09月11日 15:30
詩に込められた思いをいろいろな「れんが」で表現する手法が新鮮でとても印象的でした。関門海峡大橋の夜景の絵もお気に入りです。また行きますね♪(久しぶりのスペシャルカレーもおいしかったです!)
Posted by チャーリー at 2007年09月13日 18:47
千矢子さんの詩に感動しました。
たった数行に、いろんな想いが詰まっていてるような気がしました。
大哲さんの“ハート”の絵は、意外な一面が見られたようで、ちょっとお気に入りです。

油絵屋大哲さん、芋伝説さん、これからも応援してま〜す!
Posted by マツフジ at 2007年09月25日 15:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック